利用約款 agreement

株式会社 シャトレーゼリゾート八ヶ岳
ホテル野辺山 宿泊約款・利用規則



第一章 宿泊約款

第1条 <本約款の適用>

1. 当ホテルの締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定められていない事項については、法令又は慣習によるものとします。

2. 当ホテルは、前項の規定にかかわらず、この約款の趣旨、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応ずることができます。

 

第2条 <利用契約の成立>

当ホテルで宿泊される方は、宿泊当日、フロントにおいて本約款を確認のうえ、所定の用紙に署名を頂く(署名の確認)ことにより、当ホテルは署名者の施設のご利用をお引き受けいたすこととします。

 

第3条 <宿泊引受けの拒絶>

  当ホテルは、次の場合には、宿泊の引受けをお断りすることがあります。

(1)  宿泊の申込みがこの約款によらないものであるとき。

(2)  満室(員)により客室の余裕がないとき。

(3)  宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。

(4)  宿泊しようとする者が伝染病者であると明らかに認められるとき。

(5)  宿泊に関し特別の負担を求められたとき。

(6)  天災、施設の故障その他やむをえない理由により客室の提供ができなくなったとき。

(7)  宿泊しようとする者が泥酔等により他の宿泊者に著しく迷惑を及ばす恐れのあるとき。他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼす言動があるとき。

 

第4条 <氏名等の明告>

当ホテルは、宿泊に先だつ宿泊の申込み(以下「宿泊予約の申込み」という。)をお引受けした場合には、期限を定めて、その宿泊予約の申込者に対して次の事項の明告を求めることがあります。

(1)  宿泊者の氏名、性別、国籍及び職業

(2)  その他当ホテルが必要と認めた事項

 

第5条 <予約の解除>

当ホテルは、他に定める場合を除くほか、次の場合には宿泊予約を解除することができます。

(1)  第3条第1号の事項の明告を求めた場合において、期限までにそれらの事項が明告されないとき。

(2)  第3条第3号から第7号までに該当することとなったとき。

 

第6条 <宿泊の登録>

宿泊者は、宿泊日当日当ホテルの玄関帳場(フロントオフィス)において次の事項を当ホテル野辺山に登録して下さい。

(1)  第3条第1号の事項

(2)  外国人にあっては、旅券番号、日本上陸地及び上陸年月日

(3)  出発日及び時刻

(4)  その他当ホテル野辺山が必要と認めた事項

 

第7条 <チェックインタイム>

1. 宿泊者が当ホテル野辺山の客室をご利用いただく開始時刻(チェックインタイム)は、午後3時からとします。

2. チェックインタイム以前のご利用は、別途料金を申し受けます。

 

第8条 <チェックアウトタイム>

1. 宿泊者が当ホテル野辺山の客室をおあけいただく時刻(チェックアウトタイム)は、午前10時までとします。

2. 当ホテルは、前項の規定に関わらず、チェックアウトタイムをこえて客室の使用に応ずる場合があります。この場合においては、次に掲げる追加料金を申し受けます。

(1) 正午まで   室料の3分の1

(2) 午後2時まで 室料の2分の1

(3) 午後4時すぎ 室料の全額

 

第9条 <営業時間>

当ホテル野辺山の営業時間は、別紙のとおりとします。

(客室内のサービスディレクトリーをご参照下さい)

 

第10条 <料金の支払い>

1. 料金の支払いは、通貨又は当ホテルが認めた支払方法により、宿泊者の出発の際又は当ホテルが請求したとき当ホテルのフロント会計において行なっていただきます。

2. 宿泊者が客室の使用を開始したのち任意に宿泊しなかった場合においても宿泊料金を申し受けます。

 

第11条  <利用規則の遵守>

宿泊者は、当ホテル野辺山内において、当ホテル野辺山が定めて当ホテル内に掲示した利用規則に従っていただきます。

 

第12条 <宿泊継続の拒絶>

当ホテルは、お引受けした宿泊期間といえども、次の場合には宿泊の継続をお断りすることがあります。

(1)  第3条第3号から第7号までに該当することとなったとき。

(2)  前条の利用規則に従わないとき。

 

第13条 <宿泊の責任>

1. 当ホテルの宿泊に関する責任は、宿泊者が当ホテルの玄関帳場(フロントオフィス)においての宿泊の登録を行なった時又は客室に入った時のいずれか早い時に始まり、宿泊者が出発するため客室をあけ、フロントに鍵を返還したと認められた時に終わります。

2. 当ホテルの責めに帰すべき理由により宿泊者に客室の提供ができなくなったときは、天災その他の理由により困難な場合を除き、その宿泊者に同一又は類似の条件による他の宿泊施設をあっせんします。この場合には、客室の提供が継続できなくなった日の宿泊料金を含むその後の宿泊料金はいただきません。

 

 

第二章 利用規則

当ホテルではお客様が安全かつ快適にお過ごしいただくため、宿泊約款第11条に基づいて、次の通り利用規則を定めておりますのでお守りください。若し遵守いただけない場合には、宿泊約款第12条により、やむを得ずご宿泊並びに当ホテル内諸施設のご利用をお断り申し上げることもございます。また事故の起きた場合にお客様に責任のご負担を頂き、当ホテルはその責任を負わない事もありますので特にご留意下さいますようお願い申し上げます。

第1条 <貴重品>

ご滞在中は貨幣(現金)、有価証券、貴金属、その他の高価品の保管については高価品であることを明示の上フロント会計にお預け下さい。お預けにならない場合は、紛失または盗難によって生じた損害を賠償いたしかねますので、ご承知下さい。

 

第2条 <部屋の鍵>

1)  ご滞在中はお部屋から出られる際は施錠をご確認下さい。

2)  外出される際は、フロント係員に鍵をお預け下さい。

3)  在室中及び就寝の際は必ずドアの施錠をお願い致します。

4)  バーのご利用に際し、会計伝票にご署名される場合はご宿泊室の鍵を係員にご提示下さい。

 

第3条 <客室内>

1)  客室内では暖房用・炊事用などの火気及びアイロン等をご使用にならないで下さい。

2)  火災になりやすい場所、特にベッドの上での喫煙はなさらないで下さい。

3)  当ホテルの許可なく客室を営業行為・事務所・パーティなど宿泊以外の目的にご使用にならない       で下さい。  

4)  当ホテルの許可なく客室内の備品を移動したり又は客室内に造作を施し、或いは改造したりしないで下さい。

5)  当ホテルの外観を損なうような洗濯物を窓側及びバルコニーには置かないで下さい。

6)  当ホテル外からの飲食物などのご注文やお持込みはなさらないで下さい。

7)  お忘れ物の保管は、ご指定のない限りご出発後6ヶ月とさせていただきます。その後の処理につきま しては、法に基づいて取扱いさせていただきます。

 

第4条 <.駐車場>

1)  駐車は当ホテル指定の駐車場及び、ゴルフ場駐車場に駐車して下さい。

2)  駐車場のお車に関する事故及び盗難につきましては責任を負いかねますので、十分ご注意下さい。

 

第5条 <禁止行為>

ホテル内では他のお客様の迷惑になる下記の物の持込み、又は行為はご遠慮願います。

1)  犬・猫・小鳥その他のペット類。

2)  発火又は引火性のもの。

3)  悪臭を発するもの。

4)  その他法令で所持を禁じられているもの。

5)  賭博や風紀を乱すような行為又は他のお客様の迷惑になるような行動。

6)  備付品の移動又は使用目的以外のご利用。

7)  広告、宣伝物の配布、物品の販売等。

 

第6条 <その他>

1)  不可抗力以外の理由により建造物・備品その他の物品を損傷汚染あるいは紛失させた場合、相当額 を弁償していただくことがあります。     

2)  お会計はご出発の際お支払い下さい。またフロントから勘定書きの呈示がございましたらその都度お 支払い下さい。

3)  領収書は各部屋単位にご用意いたしておりますので、同室のお客様が分割領収書をご希望の場合はお早めにお申し付け下さい。

4)  お支払いについてのご不審がございましたら、ご遠慮なくフロントにおたずね下さい。

5)  浴衣、スリッパ等のままで客室からお出になることはお断り申し上げます。

 

  

附 則

本約款・利用規則は平成20年4月1日より施行します。

株式会社 シャトレーゼリゾート八ヶ岳